毎年確定申告で医療費控除ができない人の話とセルフメディケーション

確定申告の時期になると
あわあわしている
学習しない私です。

 

去年は、
税理士さんにお願いしようか
どうしようか悩んでたら
あっという間に
1年たってしまったので(笑)
今年も自分でやることに
なってしまいました(汗)

さすがに毎年これじゃあ
いけないなぁっと
そろそろ思ってきたので
今年はお願いしようと考え中です。

 

いや、去年は何がややこしいって
セミナー主催して、
その収入とかもあったんですよね。

 

それを会計の勘定科目の
どこにするか?
懇親会費用は?

 

とか色々調べていれていって、
そして、
極めつけは

とはいったものの
これであってるのかなぁ???

と悩む始末。

んーーー
結構無駄な時間かも
しれないです(汗)

なので、
今年こそは税理士さんに
サポートしてもらおうかな
と思ってます。

記帳自体はそんなに苦ではないんですけどね。
事務処理系は結構好きなので(笑)

ただ、ものぐさだから
半年以上貯めていたとか
まさかまさか言えない…

あ、そういえば
今年はメルカリの収入も
あるじゃないか!

やはり税理士さんの
サポート頼もう…

 

確定申告と医療費控除

 

毎年この時期になると

青色と白色ってどっちがいいの?

とか、

会計ソフトは何がいいの?

とか話題になりますよねー

ちなみに私は
青色申告で
マネーフォワードを使ってます。
青色申告だと
控除がありますからね!

とはいえ、白色の方が簡単なので
時間と手間を考えたら
白の方が良い場合もあるとか?

あと、私の周りは弥生の会計
使ってる人が多いイメージです。

マネーフォワードは
オンラインで処理できるので
便利ですよ。
ちょっと高めかもですが(汗)

オンラインで

・クレジットカード
・銀行口座
・ペイパル

などの取引を引っ張ってきてくれるので、
あとはそれをボタン

ポチポチ

して処理するだけです(笑)
あと、

この取引の時はこの勘定科目

って学習してくれるので
次から振込とかあったら
確定するだけで良いのが嬉しいです(*^^*)

まあ、これは弥生のオンラインでも一緒かな?
使ったことないけど
たぶん、同じ感じだと思う。

あなたは何を使ってますか??

そうそう、話を戻しまして、

医療費控除

の話です。

この時期になるとお店でよく聞かれるのが

「この『1万2千円から医療費控除』ってなに?」

ってお店でよく聞かれます。
まあ、今は絶賛コロナと花粉で
今年は全く聞いて貰えないのですが(笑)

ほとんどの人には
関係ない話だと思いますが、
通常の医療費控除が

1年間に(1世帯で)
合計10万以上使うと
医療費控除を受けれて
税金が返ってくる
(総所得200万円未満の人は
総所得金額等×5%の金額以上)

ってやつです。
ちなみに一般的な家庭の場合
妊娠出産でも無い限り
10万超えることはほぼありません(笑)

ちなみに我が家も
去年の分を計算したのですが
やはり10万いきませんでした。
8万ちょっとだった…

去年は私が虫歯になってしまって
歯医者にかかったからねー(汗)

そんなわけで
なかなか10万いかない
医療費控除ですが、
数年前からもう一つ
医療費控除が増えてます。

それが

「セルフメディケーション税制」

です。
これですが、通常の医療費控除と
ごっちゃになってる人が多いんです。

通常の医療費控除だと

・病院の診察代
・入院代
・市販の薬の購入代
・通院にかかわる移動費

など他にも色々の費用を合計して
10万以上という条件になります。

しかし、
セルフメディケーション税制は
1年間、対象のOTC医薬品の合計が

1万2千円以上

の時に控除が受けられるのです。
(いわゆるスイッチOTC薬品のこと)

あと、控除を受けるには
他にも健康診断など

「健康の保持増進及び疾病の予防への取組」

を行っている必要はありますが。

まあ、普通の医療費控除よりも
シンプルだし
市販の薬をよく購入する人には
取り組みやすい
節税かもしれません。

ちなみに
セルフメディケーション税制対象の医薬品は
何か?というと
例えば

・ロキソニン
・ロキソニンテープ
・アレグラ
・アレジオン
・ガスター
・イブ
・ルルアタック
・ベンザブロック
・ボルタレンテープ

といった商品などです。

意外と対象商品があるんですよね。
特に花粉症のシーズンに
アレグラとかアレジオン
めっちゃ使う人なら達成しそうです(汗)

というわけで、
上記の薬を良く買ってるわー
って人は

セルフメディケーション税制

の控除を受けても良いかもです。

戻ってくる額は少しかもですが。。。

 

医療費控除の勘違い

 

そういえば、
医療費控除を1回受けたことがあるんですよね。
下の子の出産した年になんとか(笑)
10万超えまして(笑)

その時に一生懸命調べて
申請しました(笑)

で、ですね、その時にはじめて知ったのですが

10万を超えた額が
まるまる戻ってくるわけではない!

ってこと!
あなたは知ってました??

私は知らなくて
数万戻ってくると思ったら
数千円でがっかりしました(笑)

医療費控除を申請して
戻ってくる金額は
10万超えた分の金額から
さらにもろもろ引いた額
が戻ってくるんですって!!

だから12万かかったからその差額の
2万円が戻ってくるわけでは
無かったんですね。

しょんぼり。

まあでも良い勉強になりました。
医療費控除も対象になるものと
ならないものがありますからね。

それがまたややこしい(笑)

そういう意味では
セルフメディケーション税制の方が
取り組みやすいかもしれません。

まあ、国が医療費を削減するために
市販薬を買わせようと
しているだ………
おーーっとだれかきたようだ!!

■■■P.S.■■■

とはいえ、
セルフメディケーション税制
の対象商品がよくわからんよー

という人は

レシートを見ましょう

必ず、対象商品には
マークがついています。

★とか●とか

ですね。

例がこちら↓

https://www.keisan.nta.go.jp/r1yokuaru/ocat2/ocat22/cid244.html

■■■P.P.S■■■

セルフメディケーション税制の
対象商品をくわしく知りたい!
という方はこちら↓↓↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html#hinmoku

■■■P.P.P.S■■■

会計ソフトどうする?
という方で、
もし弥生にしてみようかな?

という人には

「もしもアフィリエイト」

でセルフバックできるので
おすすめですよん♪

マネーフォワードは
セルフバックできなかった(笑)